仮想通貨投資の失敗談

仮想通貨投資の失敗談
私は2017年の5月頃から仮想通貨を開始しました。
その頃は、まだXEMが6円、XRPが12円ぐらいでした。
この頃に買っていれば、さぞ儲かってるんでしょ?と思う方も多いと思います。

ですが、仮想通貨の世界に予備知識が無く飛び込んだ私は、失敗してしまします。
ただし、ここでいう失敗は、利益がマイナスになった訳ではありません。
利益が数千万になったり、いわゆる億り人のように数億になったりしていないという意味です。

今後私のようにトレードを失敗しないように、私の失敗したポイントを紹介していきたいと思います。

主要通貨を買わなかった

アルトコインの種類が多い取引所では、低価格のアルトコインに目がいってしまい、主要な通貨は一切買いませんでした。
原資が少ないというのもありましたが、安い通貨を大量に買って、その後値上がりすればそれだけリターンも大きくなるためです。

ですが、主要な通貨(BTCやETH、LTCなど)も買っておくべきでした。
結局値段が高い通貨はこれまでの実績や将来性があるものです。
実際に、下落相場でも主要通貨は強くリスク分散にも向いています。

原資が少なくても0.1BTCなど少ない単位で買っておくことをおすすめします。

人の情報を鵜呑みにしてしまった

私は何も予備知識がない状態で、仮想通貨のトレードをはじめました。

ちょうど仮想通貨の取引を始めたころは、仮想通貨の爆上げ直前で入ったこともあり、少しの下落はあるもののこのまま順調に上がり続けるものだと思ってしまったのです。

しかし、その後ビットコインのハードフォークが実行されたことにより、ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインの多くは下落してしまいます。

ある程度知識があるのであれば、ハードフォークによりビットコインを買う人が増え、アルトコインは下落することは予期できたはずです。
ですが、SNSでは次のような噂が流れていました。

  • ハードフォーク後ビットコインの価格は下落する
  • アルトコインの価格は上昇する

特にハードフォークに関する危険性ばかりが取り沙汰されることが多い傾向にありました。
そういう情報に目がいっていただけかもしれませんが。

また、SNSで回ってくる草コイン情報も失敗の元でした。
草コインに資金が流入しはじめると、更に安い草コインを探し始めます。
SNSでこのコインが将来性あるし、安いという仮想通貨を何も考えずに購入してしまいます。
当時のレートで1通貨あたり0.1円ぐらいだったと思います。

ですが、その後一切値上がりすることはありませんでした。
それどころか下がる一方。

結局この通貨が安いと言っているのは、発信者がさらに安い価格で大量に保有している状況で煽っているのです。
いわゆるイナゴ投資家というやつです。
リスクを承知で買うのは、いいのですがその発信者の養分になってしまうので、必ず、この通貨は本当に安いのか、将来性はあるのかをよく考えて購入しましょう。

ガチホできなかった

メインで持っていた通貨は、XEMで残りは価格が1円にも満たない草コインでした。
草コインを買ったのは、XRPが爆上げしそれを売った資金や、追加で入れた資金になります。

2017年の8月に実行されたハードフォーク以降、アルトコインは元気がなく下落、もしくは価格の横ばいが続きました。

そうなると、ずっと通貨を持っている状態いわゆるガチホ(ガチガチのホールド)は厳しくなります。
といっても、自分は5ヶ月くらいガチホしていました。
その後、草コインは売り払って、別の通貨に行くわけですが、6ヶ月目以降に草コインバブルが来てしまい、売り払ってしまった通貨が爆上げして悔しい思いをしました。

ですので、どの通貨もガチホしろとは言いませんが、将来有望な通貨は手放さないほうが賢明です。

分散投資を辞めてしまった

それまでXEMやXRP、SCなど計10種類以上のアルトコインに投資していました。
いわゆる分散投資です。

ビットコインのハードフォークによるアルトコインの下落、機関投資家による噂によるビットコインの下落により、分散投資していた銘柄は全て下落してしまい、はじめに入れた投資資金を割ってしまう状況までになってしまいます。

そうなるとヤケクソになってしまい、一か八かを狙って1つの銘柄にしてしまいました。

運よく、BCHの上昇に乗れてプラスにはなりましたが、ガチホできなかった項目でも紹介しましたように、以前持っていたアルトコインがその後爆上げしてしまい、悔しい思いをしてしまいました。

そもそも、分散投資をアルトコインだけでやるものリスクが高いのですが、1つの銘柄に絞ると博打とかわりません。

仮想通貨に限りませんが、必ず分散投資を続けましょう。

さいごに

仮想通貨のトレードで私がしてしまった失敗談を紹介しました。
これから仮想通貨を行おうとしている方は、ぜひ今回紹介した内容を頭の片隅にでも置いておいてください。