株初心者におすすめ!株主優待で手堅く稼ぐ方法

株主優待銘柄

株を始めたものの、なかなかこれから上がる株を見つけられずにいませんか?

株取引ができる上場会社は、3,000社以上あります。
したがって、この中から株初心者が上がる株を見極めるのは、至難の業です。

見極めるのが難しければ、株取引の楽しさを知らずに、撤退してしまうことになります。

ここではそのようにならないためにも、どのような株が上がりやすく、手堅く稼げるのかについて解説しています。

株取引の初心者はなぜ稼げないのか?

当たり前のことですが、株取引では、株価の安い時に買って、高くなったら売ることで利益をだします。
理屈では、ものすごく簡単に思います。

ですが、株を始めて間もない時は、今が株価の安い時なのか、高い時なのか分からないことがほとんどです。

実際、これから更に上がると予想してある銘柄を買ったものの、今が最も高い上値だったり、今が底値で買い時だと思っていたのに、さらに下がったりすることもあります。

よって、株価を見極めることが出来ないと、株は稼げないと思い込んでしまうのです。

もちろん、様々な指標(PERなど)やチャートを見ることで、今が割安なのか割高なのかであるということもある程度は判断できます。

ですが、それであってもいつ上がるか、下がるかを判断するのは、初心者には難しいところです。
もちろん、株取引のプロであればある程度判断できますが、それであっても100%的中させるのは不可能です。

手堅く稼ぐには循環株がおすすめ

株取引は、以下2点を抑えることができれば、ある程度うまくいきます。


  • 今の株価が安いのか高いのか
  • いつ上がるのか

この2点を見つけやすいのが、循環株です。

循環株とは、下図のように一定の期間で株価が上下を繰り返すサイクルのある銘柄を指します。
この期間は、半年だったり1年だったり銘柄によってまちまちです。

循環株

これであれば、先程紹介した2点をだいたい、把握することができます。

循環株は株主優待で人気の株を探す

循環株を見つけることで、ある程度これから上がるのか下がるのか分かりやすいということを紹介しました。
といっても循環株を見つけるのも結構骨が折れる作業です。

そこで循環株でも狙い目なのが、株主優待で循環している株です。

知っている方も多いと思いますが、株主優待は、その会社の株を持っていると会社ごとに、商品や商品券がもらえるというものです。

もらえるものは、食料品や会社の製品、割引券、クオカードなど様々です。
この株主優待をもらうには、株主優待が欲しい会社の株を持っていなければいけません。

ですが、ずっとその会社の株を持っていなければならないわけではありません。
権利確定日という日に持っていれば優待が受けることができます。

ただし、実際にはその日だけでなく、3営業日前に権利付き最終日というものがあり、その日に買っていないと株主優待は受けることができません。

したがって、株主優待が人気の会社の株であれば権利付き最終日へ向けて株価が上がるということになります。
特に、株価は権利付き最終日の数ヶ月前(1~2ヶ月前)から上昇することが多いです。

ちなみに、権利付き最終日以降しばらくは、株価の下落が起こります。

株主優待で上がった例

以下はゼットン(3057)とイオン九州(2653)の2年分のチャートになります。
両方とも2月に株主優待があるものです。

実際に、2月の権利付き最終日まで上昇して、それ以降は下落するというサイクルがみられます。

もちろん、経済動向や業績も影響するため、株主優待までの値上がりの幅はまちまちです。

  • イオン九州
  • イオン九州

  • ゼットン
  • ゼットン

さいごに

手堅く株で稼ぐ方法について紹介しました。
株主優待狙いは、ある程度上がる時期と下がる時期が分かるので、株初心者にはおすすめの方法です。

今日から、来月以降の人気の株主優待銘柄を探してみましょう。

ただし、これまで一定の時期に上がっていた銘柄であっても、世界情勢や日本の経済、企業の業績によって、思いもよらない動きをしてしまう可能性があります。

株で100%上がるということはありません、注意して取引を行うようにしましょう。