交通事故治療の為の整骨院への通院と保険会社とのトラブル

交通事故の被害に遭った方の治療費は、基本的に加害者が加入する保険会社が全額負担します。

しかし、必要性・相当性を超える過剰診療については治療費として負担してもらえないことがあります。

同様に、整骨院での施術費用についても保険会社が費用負担を拒否する事例があります。

交通事故のケガ治療と整骨院

ですが、被害者がけがの治癒のために適切な治療・施術を受けるのは当然の権利です。

もし、保険会社に断られてしまった場合、被害者はどのように対応するべきでしょうか。

ここでは、保険会社に整骨院での施術を認めてもらう方法と、整骨院への通院に関して保険会社とのトラブルを回避する方法についてご紹介します。

整骨院の通院費が保険会社とのトラブルにつながることがある

交通事故の被害者が医師による治療ではなく、整骨院やあん摩、鍼灸などの補助的医療による治療を希望することは何ら珍しいことではありません。

特にむちうちの場合、事故直後には症状がなかったものの、事故から数日後に発症したり、あるいは症状が何ヶ月も長引いたりすることもあります。

医師による治療は、レントゲン撮影や痛み止めの薬を処方されるのに対し、整骨院での治療患部をしっかりともみほぐす施術を行っており、むちうちの症状を和らげることができます。

病院の整形外科での治療に不安が残るために、整骨院を利用するケースは非常に多いのです。

また、待ち時間が病院よりも短く、自宅から近くにある整骨院ならなおさら、被害者の方も自宅から近い整骨院に通いたいと考えるのが当然でしょう。

保険会社

それにもかかわらず、保険会社は次のように主張することがあります。


  • 治療費を負担できるのは病院だけ。
  • 整骨院の施術費用は負担できない。

これは、保険会社が必要以上に医療費を負担したくないという思惑と、過去に整骨院での施術費用を治療費として認めなかった裁判例があることに由来していると考えられます。

整骨院は病院と違って土日や夜遅くまで営業しているところもあり、物理的な距離だけでなく、自分の都合に合わせて通えるという意味でも、整骨院の方が通いやすくなります。

施術に通いやすくなるということは、それだけ保険会社が負担する治療費も増えることになります。

これが、保険会社が整骨院での施術を否定する理由の一つです。

また、現代の医学は西洋医学をもとにした医業で医療行為と認識されているのに対し、マッサージや鍼灸などは、東洋医学です。

医療行為として正式に認められているわけではなく、保険会社としてもはっきりと効果が出るかどうかわからない医療類似行為よりは、医療行為として認められていて、しっかりと効果が期待できる医業の方にお金をかけて、より確実な治療を行ってほしいのが本音でしょう。

それにもかかわらず、整骨院では「交通事故によるむちうち、保険対応できます!」などの宣伝を多く見かけます。

本当のところ、交通事故の被害者は整骨院での施術を受けることはできるのでしょうか。

整骨院での治療は認められている

保険会社に施術費用の負担を断られたからと言って整骨院通いを諦める必要はありません。

整骨院での施術費用を治療費として認めた裁判例もありますし、交通事故被害者の多くの方が整骨院での施術費用を保険会社に負担してもらいながら施術を受けています。

整骨院をはじめとした、鍼灸、整体などは東洋医学に分類され、日本における西洋の医療行為とは区別されています。

しかし、こうした東洋医学による施術が、被害者の傷害に対して一定の効果が出ていることが認められるようになってきました。

整骨院・接骨院や整体院、カイロプラクティック。保険が使えるのは?


整骨院と接骨院には明確な違いがなく、柔道整復師という国家資格の有資格者が施術を行う点では、特に区別はありません。

保険による治療ができるのは整骨院または接骨院になります。

反対に、保険がきかないのが整体院やカイロプラクティックです。
柔道整復師のような国家資格を持っているわけではないので、保険の適用ができません。

ただし、整体院やカイロプラクティックで施術を受けたことにより、痛みが軽減されたというケースもあります。

保険を利用して施術を受けたい場合は、整骨院・接骨院を選びましょう。

医師の診断がトラブル回避につながる

交通事故の被害に遭ったら、まずは病院での治療を受けます。

ある程度ケガが軽快し、病院に通う頻度が減少した頃に、整骨院での施術を希望する旨、医師に伝えることです。

その後、整骨院と病院を併用して治療を続ければより効果的です。

薬やCTスキャンなど、医学的な根拠に基づく治療を受けて経過を診察してもらいながら、マッサージやもみほぐしを受けることで、患部に直接刺激を与えていくと、体のバランスも良くなります。

後遺障害が残さためにもマッサージなどの医療類似行為は一定の効果があり、病院の整形外科の治療だけでは不安がある方や、通院の頻度が減ったものの、まだ痛みが残る方が積極的に整骨院を利用しています。

原則として、整骨院での施術を受けるよう医師からの指示があれば保険会社に整骨院での施術費用を負担してもらえますから、整骨院で治療を受けたい場合は、ご自身の判断で決めずに、必ず医師に相談するようにしましょう。

医師の診断があってもトラブルがあったら弁護士に相談する

整骨院と保険会社のトラブルには弁護士に相談

医師からの承諾を受けているにもかかわらず、保険会社が整骨院での施術費用を拒否する場合は、交通事故に詳しい弁護士に相談してみてください。

レアなケースですが、整骨院で施術を受けたら治療費用も慰謝料も負担しないと言い張る保険会社もあります。

被害者が交通事故の示談交渉に慣れていないのをいいことに、強引に整骨院への通院を止めようとしますが、これは間違いです。

医師の指示があれば、整骨院での施術を受けることは可能です。

万が一、保険会社との間でトラブルが起きたら、交通事故に強みを持つ弁護士に相談をおすすめします。