実況見分の重要性と実況見分調書、供述調書の注意点

交通事故が起きたとき、加害者と被害者双方の連絡先を聞くこと、被害者を救護したり後続車を誘導したりして二次災害防止対策をとること、そして警察への事故の報告を行わなければなりません。

実況見分

特に二次災害を防ぐ緊急措置義務と、警察に報告する事故報告義務は、事故を起こした加害者の義務であり、これに違反すると懲役または罰金に処せられます。

軽微な事故で警察を呼ばず、その場で示談を済ませてしまう当事者の方もいらっしゃいますが、警察への報告は法律で定められた義務なのです。

そして警察が事故現場に来た後に行われるのが実況見分で、事故について詳しく報告しなければなりません。

ここでは、その実況見分と実況見分調書、そして供述調書について詳しくご紹介します。

実況見分と実況見分書について

実況見分は交通事故がいつ、どこで、どのような状況で発生したかを、警察が当事者双方に話を聞き、事故が起きた状況について詳しく取り調べをすることです。

基本的には加害者と被害者は少し離れた場所で警察に事情を話すことになっています。
これは、被害者と加害者双方の話が食い違ったときに、トラブルを防ぐためです。

もし事故の目撃者がいたなら、警察に証言してほしいと依頼しましょう。

目撃者の証言は、双方の意見が食い違うときに、第三者の意見として実況見分をする上で重要な証言としてとなります。

過失割合の決定には実況見分書が大きく影響する

交通事故が起こると被害者と加害者の過失の程度を数値で表す過失割合の算定が行われます。
けがの程度や車両の破損状況に関係なく、過失割合の多い方が加害者、少ない方が被害者になります。

この過失割合を決めているのは、警察ではなく加害者の保険会社です。
警察は、あくまで事故の状況や当事者の意見をまとめて、起訴したり、違反切符を切ったりといった刑事手続きについて関わるにとどまり、過失割合の決定には一切関与していないのです。

そして、保険会社は、警察が作成した実況見分調書を参考に過失割合を決めていきます。
実況見分調書を作成するにあたって、基本的に嘘はいけませんが、ちょっとしたニュアンスの違いや表現の仕方次第では、被害者の過失割合が大きくなってしまう可能性もあります。

ですから、警察に証言するときは事実をはっきりと主張することが大切です。
具体的に覚えていないからと言ってあいまいな表現を使ってはいけません。
記憶があいまいなら、その旨をはっきりと伝えれば問題ありません。

事故が起きた直後は、事故のことで頭がいっぱいで感情的になってしまいがちですが、警察への証言はできるだけ冷静に、落ち着いて対応することがベストでしょう。

実況見分に立ち会えない場合はどうなる?

被害者が意識不明、または重傷を負い、事故の証言をできるような状況ではないとき、被害者は実況見分に立ち会うことなく、当然のように病院に搬送されます。

そして、実況見分はその事故現場において加害者または同乗者、目撃者と警察が立会いのもと行われ、証言をもとに実況見分調書が作成されます。

では、実況見分に立ち会えなかった被害者は、この場合どのような扱いを受けるのでしょうか。

基本的に実況見分は、たとえ被害者が不在であってもその場にいる関係者が立ち会いのもと行われます。

あくまで加害者から聞いた状況と事故の調査結果を総合して作成された調書であり、被害者にとっては間違っていると思えるような内容が記載されていることもあります。

また、先述したように加害者でも被害者でも自らの過失を認めると過失割合が上がってしまいます。

さらに、加害者にいたってはその後の刑事手続き(懲役や罰金など)にも影響が出る恐れがあるために、あたかも被害者に過失があるような主張をすることもあります。

加害者にとって有利な実況見分調書が作成されると、実況見分に立ち会えなかった被害者にとって不利な状況になります。

しかし、被害者が事故について証言できる状況であるなら、警察はしっかりと被害者の証言も聞いてくれるものです。

立ち会えなかった場合の実況見分調書、供述調書の際の注意点

もし事故直後に被害者が病院に搬送され、実況見分に立ち会うことができなかった場合、警察は被害者が入院している病院を訪問し、加害者の証言をもとに作成した実況見分調書を持参してきます。

実況見分調書をよく読み、事実と異なる箇所があればそれを指摘します。

調書の内容にどうしても納得がいかなければ、署名押印を断ってしまってかまいません。

実況見分調書に法的な拘束力はなく、絶対に署名押印しなければならない決まりなどないからです。

たとえ事実と異なる記述があったとしても、被害者の意識がもうろうとしていて、警察が無理やり署名捺印を求めることもあるようですから、被害者の家族がはっきりと拒否する姿勢を見せるようにしましょう。

実況見分調書と供述調書の違い


実況見分調書は、聞き取りや事故が起きた状況をはっきりとさせるために警察が作成する書面のことです。

事故当時者の年齢や個人情報から事故現場の状況(時間帯、同乗者の有無、ブレーキ痕、路面が濡れているかどうかなど)まで、1通の書面で事故の詳細が把握できるようになっています。

目撃者の証言や事故の状況をまとめ、事故の詳細が書かれているので1枚だけ作成されます。

たとえ被害者と加害者の意見が食い違ったとしても、内容は統一されています。

これと反対に、事故当時者の主張が書かれており、事故について証言した人の枚数分だけ作成されるのが供述調書です。
加害者と被害者だけでなく、目撃者や同乗者など、証言した人の数だけ作成されます。
それぞれの意見をまとめただけの書類ですので、事実と異なることが書かれている可能性も十分にあります。

ただし、加害者の刑事手続きに影響を及ぼす点と、民事裁判において強力な証拠として利用できる点は実況見分調書も供述調書も共通しています。

実況見分のやり直しは可能?

警察が作成した供述調書が、自分にとって不本意な内容であれば、実況見分のやり直しを求めることができます。

まずは実況見分調書に署名捺印をしないことです。

そして自分の証言をもとにした実況見分調書を作成しなおしてもらいましょう。

被害者にとって納得のいかない実況見分調書が作成されてしまうと、過失割合や損害賠償金額にも不満が残るものとなってしまい、示談交渉が長引く恐れがあります。

実況見分や実況見分調書でお困りでしたら、交通事故に詳しい弁護士に相談しましょう。